仮想通貨の税金はいくら?マイナスにならない為の注意点

税金について知り、賢く仮想通貨をはじめよう!

仮想通貨には一体どんな税金がかかるの?

一般的に仮想通貨は2つの計算方法によって算出します。正しい計算方法を知ることでどれくらいの税金がかかり、確定申告が必要になるのか知ることができます。 儲けることだけを考えるのではなく、計算方法はそのメリット・デメリットについても学んでおきましょう。

仮想通貨にも確定申告が必要になる理由

仮想通貨は、条件によって確定申告が必要になります。 その条件とは「所得金額」です。所得金額は、給与所得者と被扶養者、自営業やフリーランスなどによって異なるでしょう。 もし確定申告対象者になる場合は、期間内にきちんと納税し未払いにならないように気をつけましょう。

計算方法は2つあります

近年さまざまなメディアで仮想通貨が紹介されるようになり、多くの人に「仮想通貨」という存在が知れ渡るようになってきました。それと同時に税制改正も行われ、仮想通貨に対する考え方も変わってきています。今後はさらに大きな変化が見込まれるかもしれません。なかには、税率が一律20%になるという噂も出ていますから、仮想通貨をはじめるなら今がベストでしょう。

さて、仮想通貨に税金はかかるのか?ということですが、結論からいいますと「金額によって課税」されます。そのため、仮想通貨をはじめたからといってすべての人が税金を払わなければいけないというわけではありません。
支払いが必要になるのは、20万円以上の所得が出た場合です。そして、20万円以上の所得が出た場合は確定申告も必要になってきます。

ただし、税率は所得金額によって変わります。最高45%ですが、その場合は4,000万円以上。
そもそも仮想通貨によってかかる税金は「雑所得」扱いになります。1回の利益で課税されるのではなく、総合課税としてその他の収入と合計した金額によって税金が加算されるため、たとえば195万円以下なら5%、330万円超え695万円以下なら20%とそれぞれ異なります。当然、所得が増えるとそのぶん支払う税金も大きくなりますから、仮想通貨で儲けることができても税負担を受けることになるでしょう。

ちなみに、雑所得は仮想通貨以外に年金や原稿料、印税なども含まれます。
所得には利子・配当・不動産など10種類に分けられますが、それらに区分された所得を「雑所得」とし、税金を支払うことになります。

税金がかからない噂は嘘?未払いの場合のペナルティー

時々、「仮想通貨には税金がかからない」という噂が流れてきます。 しかしこれは仮想通貨を保有していた場合に限り、一般的に税金は必要になります。 また万が一税金を支払わなかった場合はペナルティーもありますので、仮想通貨をはじめる前にきちんと理解しておきましょう。

TOPへ戻る